いつまでも世界は…第八回 京都の街を使ったライブサーキット!

吉田省念

official web site
吉田省念

13歳、エレキギターに出会ってから現在に至る迄、様々な形態で活動を続ける。

95年には村八分・チャー坊追悼コンサートに若干15歳で出演。

18歳、MTRで自宅録音に没頭 色々な楽器を演奏する事にも興味をもつ。

演奏、アートワーク、詩集など全て自分で行ったCD付きブックレット「月刊ナイフ」を作成。

すみれ患者/SUZMENBA/MAHER SHALAL HASH BAZに参加。


2008年「songs」をリリース。吉田省念と三日月スープ を結成。

2009年 吉田省念と三日月スープ「Relax」をリリース。

2011年~2013年 くるりに在籍 ギターとチェロを担当「坩堝の電圧」をリリース。

2014年 京都・拾得マンスリーライブ「黄金の館」主催。

吉田省念 + 四家卯大 + 植田良太/Live Session「キヌキセヌ」リリース。

RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZOに出演 。

2015年 主演:森山未來 原作:荒木飛呂彦 演出:長谷川寧 舞台「死刑執行中脱獄進行中」の音楽を担当。

2016年 P-Vine Records より「黄金の館」リリース。

フェスティバルトーキョー2016 まちなかパフォーマンスの演目「うたの木」にて音楽を担当。

2017年 P-Vine Records より「桃源郷」リリース。

既成概念にとらわれない音楽活動を展開中!