いつまでも世界は…第八回 京都の街を使ったライブサーキット!

ステレオタイプ

official web site
ステレオタイプ

「なんとかしたい」という想いと「どうすることも出来ない」という現状が、ぶつかることによって生じる煌めきや、その残骸のことを仮に「青春」と呼ぶならば、ステレオタイプは間違い無く「青春ロックバンド」である。

聞き馴染みの良いメロディや、言葉を大切に展開されるステージの根底にあるものは、 全てその「青春」と呼ばれる物事に収束されていく。

「あのとき、ああしておけば良かった」とか、「いつか終わりを告げる日々」とか、 「伝えられないままの想い」だとかが、とても愛おしかったことに気付くだろう。


2007年結成以来、「あのころの僕ら」と「いまの僕ら」の狭間で揺れる音楽を鳴らし続けている。


2019年4月に、京都のシンガーソングライター「トミタショウゴ」とともに木屋町のライブハウス5会場を使用した

持ち時間1時間というサーキットイベントには長尺のイベント、題して「ワンマンライブサーキット ムジカムジナ2019」を企画。


今回の「いつまでも世界は」では、和音堂にて「ムジカムジナ」プロデュース会場として参加している。


-アーティストホームページ-

http://stereotype.biz/


-ムジカムジナホームページ-

http://mujica-mujina.com/