いつまでも世界は…第八回 京都の街を使ったライブサーキット!

NEW

Super Ganbari Goal Keepers

official web site
Super Ganbari Goal Keepers

2011年結成。ザ・スミスの精神を現代に蘇らせたら?もしもリヴァース・クオモが日本で生まれていたら、こんな歌詞を書いていたのではないか?そんなギターポップやネオアコのレジェンドを彷彿とさせつつも、現代的なインディーポップ感覚を兼ね備えたバンド。3分間前後の楽曲にオルタナ、ネオアコ、アノラック、パンクなどが混然一体となっているが、全てに共通しているのはメロディーの煌めきとナイーヴな歌声である。現代の日本でしかありえない青春の苦悩を詰め込んだ歌詞、それを豊潤なメロディーに乗せることで独自の世界を描いている。

2015年にミニアルバル『Cang Gang Pops』を自主レーベルよりリリース。

2019年、1stフルアルバム「Dodometic Youth」をなりすコンパクト・ディスク / ハヤブサ・ランディングスよりリリース。ジャケットは漫画家の大橋裕之が手掛けている。