いつまでも世界は…第八回 京都の街を使ったライブサーキット!

NEW

THIS IS JAPAN

THIS IS JAPAN

THIS IS JAPAN、通称ディスジャパ。

2011年大学の先輩後輩である4人が、在学中にTHIS IS JAPANを結成。90年代のオルタナティブロックに影響を受けたサウンドに、ストイック且つロマンティックなディスジャパマナーを盛り込み、2010年代のロックシーンに一石を投じる。ディスジャパのサウンドはバンドマンを中心に幅広い支持を得ている。

2012年9月30日 1st mini album「ジャポニカ学習装置」、2013年 10月26日2nd mini album「URUSEI BOKURA」発売。2014年8月14日 には全国流通の1stフルアルバム「THIS IS JAPAN TIMES」を発売。2016年8月3日には全国流通2枚目となるmini album「DISTORTION」をリリースした。

ライブは年間40~50本行い、“下北沢サウンドクルージング”、“CONNECT歌舞伎町Music Festival ” “パナフェス!! ″ “でらロックフェスティバル” ”Tokyo Calling” など、フェスにも多く出演。2017年12月にはバンド2度目のワンマンライブを下北沢シェルターで行い満員の中、破壊力のあるライブで会場を震撼させた。そして、2017年11月22日には、トーキョーオルタナシーンの旗手として、メインストリームにとって変わる可能性を持った18組のアーティストを集めたコンピレーションCD“NOT FORMAL ~NEW ALTERNATIVE~”を企画・制作。初回生産分が発売初日でメーカー在庫がなくなるという、コンピでは昨今稀な現象が起こし注目度がさらに上昇した。2018年5月2日、オルタナティブアティテュードにTHIS IS JAPANなりの解釈を加えた覚醒盤となる2nd Mini Album 「FROM ALTERNATIVE」が完成した。その後、ワンマンや企画ライブを行う一方、同年10月12日公開、三木監督作品映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」のアレンジ・演奏をコンペで勝ち取り担当し話題となった。10月7日Eggs presents FM802 MINAMI WHEEL 2018 〜20th Anniversary〜に初出演にして、トリを務め入場規制がかかり、会場を熱くした。10月15日には夜の本気ダンスにお誘いを受け “マジカル頭脳ツアー!!”に2マンライブに参戦した。さらに11月23日公開入江悠監督作品映画「ギャングーズ」の挿入歌に「SUNNY」が抜擢。予定調和に進まない活動にオーディエンスも爆裂増殖中。

THIS IS JAPAN from Alternative。